ブログ

日本人が見落としている暗号資産の最大の特徴

暗号資産の特徴と言われると何を思い浮かべますか?「儲かる」でしょうか?いえいえ、投資としてももちろん魅力的なのですが、日本人が意識しにくい最大の特徴があるんです。

この日本人が意識しにくい特徴を知ると暗号資産の可能性に気づくはずです。

日本人が見落としがちな暗号資産の最大の特徴とは

まず、あなたがお金を借りようとか、お金を預けたいと思ったらどこへ行きますか?銀行ですよね。

もし、銀行が無かったら?

暗号資産の最大の特徴は「銀行口座が不要」だということ

結論から入ります、暗号資産の世界では銀行口座が不要です。日本に住んでいる人は銀行口座が無いという不便さを知りません。ATMさえあればどこでも引き出しができて、お金を借りることも可能ですよね。

でも、世界には銀行口座を持っていない人が4人に1人いるそうです。

銀行口座を持てないと何がおこる?

銀行口座を持たない人の中には、持つ必要がないぐらいお金を持っていない人も多いようです。お金を持っていない人が事業をやろうと思ったり、貯蓄をしていこうと思っても結局銀行口座が無いので何もできないというのが現実です。僕たちも銀行があるからローンを組めて、家や車を買うことができますよね。

暗号資産は銀行口座が不要?

そもそも暗号資産は銀行が発行しているものではありませんよね。ですので銀行口座は不要です。必要になるのは、暗号資産を購入する取引所や販売所です。取引所や販売所の口座開設がてきらば、誰でも売り買いができます。

また、暗号資産を持つにはお金で暗号資産を買うしかないと思うかもしれませんが、そんなことはなくて、今はゲームやデジタルアートを販売する事で暗号資産を得ることができます。NFTというやつです。聞いたことはありませんか?

実際に海外の強者でゲームで家を建てた人もいるみたいですよ。

海外では暗号資産で支払いが出来る店が増えている

日本ではまたまだ馴染みがありませんが、海外では普通に飲食店でビットコインが使えるような店もあります。最近では日本でもメルカリがビットコインを取り入れたりと、徐々に広まっていますよね。

大型家電量販店のビックカメラもビットコイン決済を行っています。キャッシュレス決済以外にも対応するために、ビットコインを導入しています。

また、実店舗以外にも通信販売では特にビットコインを利用することが可能です。

まとめ

僕は仮想通貨が当たり前の世界がすぐそこまできていると思います。いざ仮想通貨決済を使いたいなと思ったときに口座開設から始めるよりも、先に仮想通貨に触れておくことをおすすめします。

ちなみにビットコインは500円から購入することができますよ。

コインチェックで仮想通貨を購入しよう

-ブログ
-, ,