暗号資産

ビットコインの半減期とは?何が起こる?|初心者向け解説

ビットコイン半減期という言葉を聞いたはある?

うーん、何となくは聞いたことがあるけど・・・。半減期にはビットコインの価格が高騰するんだっけ??

まあ、結論を言うとそのようになるけど、結果だけじゃなくてなぜ高騰するのか?を知ると、ビットコインがもっと面白くなるよ♪

ビットコインの半減期って結局何なの?初心者向け解説

ビットコインの半減期にはマイニングというものが深く関係しています。

マイニングについては以下の記事をチェックしてください。

ビットコインの半減期

半減期というのは、先ほどのビットコインのマイニング報酬が半減する時期という事になります。

マイナーと呼ばれる人達がマイニングをすることで報酬を得られるわけなのですが、その報酬が4年に一回半減するようになっています。2024年3月現在のマイニング報酬は6.25ビットコインですが、2024年に半減期を迎えます。その時にマイニング報酬が6.25ビットコインの半分の3.125ビットコインとなります。

でも、マイニング報酬が減るとマイナーが仕事をしてくれなくなるんじゃないの?大丈夫?

単純に考えるとそう思うよね。でもちゃんとからくりがあるんだよ。

なぜマイニング報酬が半減する?

マイニング報酬を半減させる理由は、「ビットコインの価格が上がると想定しているから」なんだ。

・・・。どういうことかな?

3回目の半減期を見てみると、半減期前の202年3月は1ビットコイン52万円だったのが、その年の5月に100万円になっています。それから4年経った現在1ビットコインが約1,000万円に上がっていますよね。半減期前で約10倍です。

2020年の半減期前のマイニング報酬が12.5ビットコインだったので、52万×12.5ビットコインで650万円でした。2024年現在の報酬は1,000万×6.25ビットコインは6,250万円、このまま報酬が半減して3.125ビットコインになったとしても、3,125万円です。半減期にはビットコインの価格が上昇するとされているので、それ以上になりそうです。

こう考えると、報酬としてのビットコインの数量は少なくなっているものの、ビットコイン自体の価値があがっているので報酬額としては上がっている計算になります。

ポイント

・半減期には報酬としてのビットコインの数量は半分になるが、ビットコインの価格は上がると想定されているので、報酬額もあがると考えられる

まとめ

「ビットコインの半減期」は突然起こるものではなく、はじめからプログラム化されたものだと考えると、どんな天才が作ったのかと驚かされます。ビットコインを作ったサトシ・ナカモトという人も謎に包まれているし、余計に興味がわいてきますよね。

今からビットコインを始めようと思っている人はこのような半減期をしっている事でビットコインの買い時や流れがつかめてくるのではないでしょうか。

-暗号資産