SEO

SEO対策って具体的にどんな内容?|ブログ初心者向けに7つ紹介します

SEO対策は重要だとわかっているけど、実際何をどうすればいいかわからない人も多いはず。

今回はブログの具体的なSEO対策についてみていきます。

ブログを育てるにはSEO対策が重要なカギ!

具体的なSEO対策7つを紹介

キーワードは「読者が検索する言葉」かどうか

検索するユーザーがよく使うキーワードを調査して、記事内に適切なキーワードを入れる必要があります。

理由は、読者がGoogleなどで検索するキーワードとブログの中のキーワードが違っていると検索時にヒットしないからです。

ただやみくもに単語を詰め込むのではなく、読者が知りたい、調べたいという思いを捉える必要があります。

質の高い記事を提供しよう

質の高い情報を提供し、読者に価値を提供する必要があります。

質の高い記事というのは、単純に読者にとって価値があるかどうかです。

悪い例が「古い記事」です。何年も更新されていなくて放置されているようなブログを見た読者は、再度新鮮な記事を検索するでしょう。質の良い記事というのは、その記事だけで読者の悩みを解決してくれるような記事です。

タイトルとメタデータが適切かどうか

記事のタイトルとメタデータ(メタディスクリプション)を最適化して、検索した際に読者がクリックしたくなるような文面にしていきましょう。

読者がキーワードを検索した際に、まず最初に目に入るのが「タイトルとメタディスクリプション」です。ここでいかにクリックしてもらえるかどうかで、PV数も変わってきます。

内部リンクの構築

内部リンクというのは、自分のブログの中の記事と記事を繋ぐリンクのことです。自分のサイトの中で関連する記事への内部リンクを設定し、ユーザーがサイト内を探索しやすくする必要があります。

内部リンクを充実させることで、クローラーが巡回しやすくなったり、サイト自体の評価UPに繋がります。

ページ速度

サイトの読み込み速度を最適化して、読者のストレスにならないようにする必要があります。サイトを見ているとなかなかページが表示されない時があると思います。すごくストレスを感じますよね。

ページの表示に3秒以上かかってしまうと直帰率が高まってしまいます

読者が直帰してしまったり、離脱してしまう記事は良い評価をもらえないので、SEO的にも不利になります。

せっかく良い記事を書いても見てもらえなかったり、逆にマイナスの評価を受けてしまう事があるので、

3秒以内にページが表示されないのであれば修正しましょう。

モバイルフレンドリーかどうか

モバイルフレンドリーとは、その言葉通り「スマホ端末で見た時に見やすくて使いやすいかどうか」です。

現在ではスマホが普及してパソコンよりもスマホで調べものなどをする人の割合が多くなっています。

ブログを作る時はパソコンで作業を行うので、フォントや画像の大きさがスマホで見るときに見やすいかどうか?をチェックしていく必要があります。

パソコン上でみたらよくできているブログでも、スマホで見た時にすごく読みにくいことは多々あります。

ソーシャルシェアボタン

記事をソーシャルメディアで共有しやすくするためのシェアボタンを追加しましょう。

SEOに直接関係があるかどうかは微妙な所ですが、現在はSNSとブログを掛け合わせた運営が一般的になっています。

SNSを絡める理由は、拡散(自分のブログの宣伝)しやすかったり、ファンを付けやすかったり、人に宣伝した貰うことができます。

まとめ

ブログがある程度会いあがってきたらSEO対策をしてみましょう。

自分のブログが上記の項目に当てはまっているかどうかを確認して修正するだけでもサイトの質は向上するはずです。

特に、ページ速度に関しては読み込みが遅いだけでサイトの評価が下がるのでいち早く改善をしておきたいですね。

さてこの辺までくると「ネタがなくなってきた」と感じる人が出てくるはず。

下記の記事を参考に頑張ってブログを続けてみましょう。

ついlv70へ到達!ここでやめてたまるか!?

-SEO
-,