SEO

PVが全く上がらない人必見|Google Search Consoleの使い方

グーグルサーチコンソールの使い方を解説

なぜグーグルサーチコンソールを使う必要があるのか?それは、

ポイント

PVが上がらない理由が分かるから

「自分のブログは誰も見てくれない・・・」と嘆く前に、コンソールで分析しましょう。

グーグルサーチコンソールの使い方を解説!

グーグルサーチコンソールとは

SEO(検索エンジン最適化)対策を行う上で、グーグルサーチコンソールは欠かせないツールです。

グーグルサーチコンソールは、サイトのパフォーマンスや検索エンジンへの表示状況を把握することができるツールで、自分のサイトの分析ができます。サーチコンソールを活用し読者が望むサイトを目指しましょう!

【結論】PVが上がらない理由

コンソールを使えばPVが上がらない理由が一目で分かります。下記の写真を見てください。

自分のブログがどんなキーワードで表示・クリックされているかが分かります。

PVが無い(少ない)のは、単純にキーワードの順位が低いからです。

という事は、逆に掲載順位を上げれば上位表示れるからPVが増えるということだ!

狙ったキーワードの入った記事をSリライトしたり、記事の内部リンクや外部リンクを充実させ、SEO対策をして順位を上げていきましょう!

グーグルサーチコンソールの基本的な使い方を解説

まずはグーグルサーチコンソールの基本的な使い方についてです。グーグルサーチコンソールには、ウェブサイトの登録やサイトマップの提出、クロールエラーの解消など、色々な機能があります。まずはサイトの登録から始めましょう。

  1. グーグルサーチコンソールにアクセスします。
  2. 新しいプロパティを追加し、ウェブサイトのURLを入力します。
  3. 所有権の確認を行います。指定された方法で所有権を確認しましょう。
  4. ウェブサイトの登録が完了したら、サイトマップを提出します。サイトマップはウェブサイトの全てのページを一覧化したものです。

グーグルサーチコンソールで効果的なSEO対策を実施する方法

グーグルサーチコンソールを使って効果的なSEO対策を実施する方法について紹介します。以下のポイントに注意しながら、SEO対策を行いましょう。

キーワードの分析

サイトが表示された検索クエリやクリック数、表示回数などのデータを確認することができます。このデータを元に、効果的なキーワードを選定しましょう。

サイトのインデックス状況の確認

グーグルサーチコンソールでは、ウェブサイトのインデックス状況を確認することができます。インデックスされていないページや重複コンテンツがある場合は、修正する必要があります。

リンクの状況を確認しましょう

サイトへのリンクの数や品質を確認することができます。リンクの数や品質が多いほど、SEO効果が高まります。

グーグルサーチコンソールの機能を活用したSEO対策

キーワードの分析に役立つグーグルサーチコンソールの機能

グーグルサーチコンソールには、キーワードの分析に役立つ機能があります。具体的な使い方を解説します。

サイトのパフォーマンスの確認

サイトが表示された検索クエリ(質問や問い合わせのこと)やクリック数、表示回数などのデータを確認することができます。これらのデータを元に、効果的なキーワードを選定しましょう。

キーワードのランキングの確認

サイトが表示された検索クエリのランキングを確認することができます。上位に表示されているキーワードは、さらにSEO対策を行うことでトラフィックの増加が期待できます。

サイトのインデックス状況を把握する方法

グーグルサーチコンソールを使って、ウェブサイトのインデックス状況を把握する方法について解説します。

  1. インデックスされていないページを確認します。グーグルサーチコンソールでは、インデックスされていないページを確認することができます。インデックスされていないページがある場合は、ウェブサイトのクロールエラーを修正する必要があります。
  2. 重複コンテンツを発見しましょう。グーグルサーチコンソールでは、重複コンテンツを発見することができます。重複コンテンツがある場合は、内容を修正するか、canonicalタグを設定することで問題を解決することができます。

リンクの状況を確認してSEO効果を最大化する方法

SEO効果を最大化する方法について解説します。

  1. リンクの数を確認します。グーグルサーチコンソールでは、ウェブサイトへのリンクの数を確認することができます。リンクの数が多いほど、ウェブサイトの信頼性やSEO効果が高まります。
  2. リンクの品質を確認します。グーグルサーチコンソールでは、ウェブサイトへのリンクの品質を確認することができます。品質の高いリンクが多いほど、ウェブサイトのSEO効果が高まります。品質の低いリンクは、適切に対策を行いましょう。

グーグルサーチコンソールのエラー対策と改善方法

クロールエラーの解消方法とSEOへの影響

グーグルサーチコンソールを使って、クロールエラーを解消し、SEOへの影響を最小限に抑える方法について解説します。

  1. クロールエラーを確認します。グーグルサーチコンソールでは、ウェブサイトのクロールエラーを確認することができます。クロールエラーがある場合は、原因を特定し、修正する必要があります。
  2. クロールエラーの修正を行います。クロールエラーの修正方法は、エラーの内容によって異なります。例えば、404エラーの場合は、該当するページを修正するか、リダイレクトを設定することで解決することができます。

重複コンテンツの発見と修正方法

グーグルサーチコンソールを使って、重複コンテンツを発見し、修正する方法について解説します。

  1. 重複コンテンツを確認します。グーグルサーチコンソールでは、重複コンテンツを確認することができます。重複コンテンツがある場合は、内容を修正するか、canonicalタグを設定することで問題を解決することができます。
  2. 内容の修正やcanonicalタグの設定を行います。重複コンテンツを解消するためには、内容の修正やcanonicalタグの設定が必要です。重複コンテンツがある場合は、適切な対策を行いましょう。

検索クエリの分析を活用したコンテンツ改善のポイント

グーグルサーチコンソールを使って、検索クエリの分析を活用し、コンテンツ改善を行うポイントについて解説します。

  1. ウェブサイトが表示された検索クエリを確認します。グーグルサーチコンソールでは、ウェブサイトが表示された検索クエリを確認することができます。これらのデータを元に、コンテンツの改善点を把握しましょう。
  2. 検索クエリに関連するコンテンツを作成します。検索クエリに関連するコンテンツを作成することで、ウェブサイトの表示順位を上げることができます。検索クエリに関連するキーワードを使用し、ユーザーが求める情報を提供しましょう。

まとめ

今回は効果的なSEO対策のためのグーグルサーチコンソールの使い方について解説しました。グーグルサーチコンソールを活用して、読者に必要とされるブログを目指しましょう。

-SEO
-