記事の書き方

ChatGPTやAIライターの出現でブログはオワコンになるのか?

僕はブログの所々にAIライターを使用しています。2ヶ月使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

この記事はAIライターは使用していません。

通勤電車の中でほぼ7割ほどスマホで執筆できました。

この記事で分かる事

ChatGPTやAIライターの欠点と落とし穴

「AIライターを使うと記事を量産できる!」の罠

・人間はAIにまだまだ勝てる

AIライターブログが増えて、ブログはオワコンになるの?

AIの進歩が進んでいて、AIライターに任せれば今まで2時間3時間かかっていた作業が1分ほどで終わるようになってしまいました。。(びっくりです)ブログ業界は今後どうなってしまうのか?めっちゃ気になりますよね。

オワコンになるかもと思う理由|AIライターを使うブロガーが増えるから

僕も【SAKUBUN】という有料のツールを使用していますが、ほんとに3000字ぐらいの記事が1分ぐらいでてきちゃうんです。その他にもchatGPTを活用しているブロガーも増えてきている状況にあります。この状況になると、AIライターでブログ記事を大量生産するブロガーが増えて、「大量生産した人の勝ち!」に、なると思っていたんです。

そう、思っていたんです。

でも、【SAKUBUN】を2ヶ月使用してみて、そうではないなと思ったので今回記事にしました。

【結論】AIライターとうまく活用できるブロガーが生き残る

理由は、

ポイント

全て自力で記事を書こうと思うと時間・心身共に疲れる ⇒ 作業を一部AIに任せる

AIに作ってもらった記事は薄っぺらい ⇒ 経験・体験・リアルタイムの情報は人間が書く

AIに書いてもらった後のリライトが以外と大変 ⇒ 記事構成をAIが考えるから自分なりの構成に変更するのが大変

こんな感じでAIを「効率化のツール」として活用できるブロガーがこれからは生き残れるのではないかと考えています。

「AIに任せて記事量産!」って人は後々痛い目に合いそうですよ。だって、そんなAIの記事がいっぱい世の中に作られるのですから、オリジナリティが全くありませんからね。

ちなみにAIライターを雇いたい人はこちらの【SAKUBUN】をおすすめします

記事を書くのめっちゃ早いです。リライト的な事もできます。操作もいたってシンプル。

5,000文字/月までは無料で使えるのでお試しあれ!

AIライターの欠点と落とし穴

注意ポイント

記事の内容が薄い

インプットを怠るようになる

・ブログがつまらないものになる

記事の内容が薄い

チャットGPTやAIライターはタイトル~見出し~本文の概要までを作成するのはめちゃくちゃ得意です。ただし、その確信に迫った内容を書くのがかなり不得意なので、薄っぺらい情報しか書けません。

分かりやすい例でいうと、

おすすめの◯◯5選とか、おすすめのランキング!とかの中身を書けません。そこは自分で考える必要があるんです。

逆に考えると、「一番のポイントを書いてくれない」ので結局自分で書いたほうが早いし、記事の構成がまとまるなと思ってしまいました。

ちなみにNFTゲームのおすすめランキングを書いてもらおうと思ったらこうなりました。

それでは、おすすめのNFTゲームランキングをご紹介します。
1位:〇〇ゲーム
2位:〇〇ゲーム
3位:〇〇ゲーム
4位:〇〇ゲーム
5位:〇〇ゲーム

AIはトレンドもの(ランキングが変化するものなど)にはめっぽう弱そうです。

インプットを怠るようになる

ブログを書くためには、ネタを考える必要があります。しかし、AIライターならキーワードを入力するだけで、何となく形にしてくれます。今までは記事を書くために本を読んだり、新聞を読んだりして情報収集していたと思うんです。

AIライターに頼りすぎると、「AIがすぐ書いてくれるからブログの事は夜考えよ」とか甘えちゃいます。

また、自分の知らない事でも記事にしてくれるので、インプットしなくなります。そうなると自分の知識として身に付かないですよね。そんな人の記事がほんとに参考になるとは思えないです。

記事の大量生産ができる!の罠

素人でも記事量産できそうだから、競合ばっか増えてオワコンになりそう。

実はそうでもないよ。AIライターは効率を上げてくれるけど、人間がやるべき作業がいっぱいあるから、熱意が無いと続かないよ。

AIライターを使うと確かに記事を今よりも早く書くことは可能です。しかし、リライトの時間や記事構成の変更、画像や装飾、アイキャッチ画像の設定など、ブログ記事作成にはやる事がたくさんありますよね。

2つ目のブログを運営している僕でも、AIライターを使ったから毎日記事が書けるわけではありません。僕たちブロガーは学校の教科書作りをしているわけではないのです。わざわざ本屋に行って購入する「参考書」を作る必要があります。

ポイント

難しい教科書作りはAIに任せて、より簡単に人に伝えられる参考書を目指しましょう。

ブログがつまらなくなる

AIライターが書いてくれるんですから、人間は作業するだけの作業員になります。はっきりいってこれは楽しくないですね。しかも、中身は薄いとなったら、何をしてるか分からなくなります。AIライターを使い始めて思うのが、「記事を書くって楽しい」ってことです。ブログ=稼ぐツールのイメージがありますが、実は文章を書くのが楽しいというのは根本にある事を忘れてはいけないなと思っています。

まとめ

今回もAIライターについて記事を書きました

ものすごく競合が増えそうな予感がするのですが、まだまAI任せでは良いブログは書けそうにありません。

作業効率を上げる為に活用すれば強い味方になってくれそうですよ。

-記事の書き方
-,