記事の書き方

AIに負けないブログ作りの方法とは?|ライティングの仕事は奪われてしまうのか?

AIが進化している中でどうすればAIに負けないブログを作ることができるのか不安てすよね。

AIには書けなくて、人間には書ける記事とはどんな記事なのかを今回は考えていきたいと思います。

AIに負けないブログ作りの方法を考えよう

AIの進化はすごい

まずはじめに、今、AI(人工知能)の進化がすごいです。。AIは、自然言語処理や文章生成などの技術を駆使して、文章を書くことができます。その正確さや高速さは、人間には比較になりません。情報量や処理能力を考えても人間よりもはるかに上を言っています。

AIが書いた記事が、既に多くの分野で利用されている状況にあります。

AIライティングが普及してきている

AIライティングとは、AIが自動的に文章を生成する技術のことです。

最近では、多くの企業や個人がAIライティングを活用し、ブログやコンテンツの作成に利用しています。AIは、大量のデータを学習し、それに基づいて文章を生成することができます。昔はAIに書いてもらうとカタコトだったり、文章がなんか変っていうこともあったのですが、今は進化していて人間が書いたかのような記事を書いてくれるんです。

ブログはAIに奪われてしまうの?

AIの進化と普及を考えると、ブログがAIに完全に奪われる可能性も十分にあります。。

AIは短時間で多くのテキストを作ることができるため、特定のテーマに特化したブログコンテンツを作成するのに適しています。しかし、AIには人間の感性や発想が欠けているので、ユニークな視点や感情を持った記事を書くのにはまだまだ限界があるようです。

人間にしかできないことを明確にして、その強みを生かしていきたいですよね。

人間に書けてAIに書けないライティングとは?

人間に書けてAIに書けないライティングとしては、下記のような特徴を持つ記事となります。

専門知識や経験を生かす

AIが苦手とする専門知識や経験を持っていることをアピールしましょう。自分の経験や専門的な知識を記事に盛り込むことで、読者に価値を提供できます。知識や経験をどうやって得たのか、どこで経験できたのか?何を得たのかを読者に分かりやすく伝えましょう。

個性的な記事を書く

AIは既存のデータから文章を生成しますが、人間は独自のアイデアやクリエイティブな視点を持って記事を書くことができます。

AIが予測できないアイデアや独自の視点を持った記事を書くことで、読者の注目を集めることができます。思い切ったアプローチをしてみましょう。

ポイント

「普通」をやめて、自分の世界観を出していこう

エモい記事を書く

AIは感情を持たないため、人間の感情や経験に基づいた文章を書くことができます。

自分の体験してきた事を記事にするのが一番効果的で説得力があります。これこそ人間が書く醍醐味です。

読者に話しかけるような文章を書く

人間は親しみやすい文章で語りかけるような文章を書くことができますよね。

AIと差別化する為には、読者に親近感をもってもらえるような文章作りが必要ですね!

AIとうまく付き合う方法

AIが進化している今では、うまく人間とAIが共存していくことが必要となります。AIとうまく付き合うためには、下記のような方法があります。

AIを補助的なものとして活用する

あくまでAIは補助的なものとして、活用していきましょう。

ブログのすべてをAIに任せるのではなく、AIの強みを生かしつつ、オリジナルコンテンツを目指す事が重要です。

AIが書いただけのブログを見たいと思うでしょうか?そこが問題でであり、まだまだ人間が必要だと言われる部分です。

ライティングはAIに完全には奪われない?

AIの進化は確かにすごくて脅威に思えるのですが、ライティングはAIに完全に奪われることは無さそうです。人間ならではの感性や創造力、経験を持ったライターがいる限り、AIとが書いた記事とは違う価値を生み出すことができます。

まとめ

AIの進化と普及が進むことで、ブログの作成には新しい課題が生まれてきましたよね。。

しかし、人間ならではの特徴を活かして、個性的で感情的な記事を書くことで、AIに負けないブログを作ることができます。

AIとの協力や共存の方法も模索しながら、ブログの可能性を広げていきましょう。

ブログを始めてみよう。

-記事の書き方
-,