記事の書き方

セールスライティングとは?|ブログ初心者向けの5つのポイントを紹介

ぶっちゃけセールスライティングって難しくないですか?

どうしても商品を売ろう売ろうとしてしまい、押し売りのような記事を書いてしまう事もしばしば。

PVはある程度稼げているし、広告もクリックしてもらえているけどなぜか売れない

そんな人は文章のポイントがずれているのかもしれません。ここらへんで一度セールスライティングについて見直してみましょう。

セールスライティングについてもう一度見直して、売れる文章を書こう!

売れるセールスライティングのポイント5つ

誰に向けて書いているかを明確にする

自分のブログに来てくれている人に向かって記事がかけているか?を確認しよう。

ブログにアクセスしてくれているという事は、何かしらのキーワードを検索してきてくれているという事です。

そのキーワードは読者にとっての悩みの種か、解決するために求めていることなのか、何にせよ読者が求めていることに違いはありません。

しかし、記事の内容に入った途端に検討違いの答えを進められたらどう思うでしょうか。

読者の悩みを理解しよう

見出しを整える

自分の知識を全面に押し出して記事を書きたくなる気持ちはわかるのですが、本当に読者が知りたい情報を簡潔にうまく伝えられているでしょうか。中身をいくら充実させても、見出の順番や書き方が悪いと記事の質が落ちてしまいます。

何かを調べたいなと思ってサイトを見る時に、見出しをさらっと確認することは無いでしょうか。

その見出しに自分の知りたい情報がなかったら違うサイトに移ってしまう可能性があります。

まず始めに見出しを作って、記事の構成を整えていきましょう。

自分が伝えたいことではなく、読者が知りたい順番を見出しで作りましょう。

デメリットを伝える

いいことばかりを書いているブログを見て「胡散臭い、回し者かな?」なんて思ったことはないですか?

最近はAmazonやGoogleでもレビュー機能が発達してきていて、その口コミを見て商品を買ったりお店にいく人も多いのではないかと思います。

基本的にデメリットが無いものなんてないと思いますし、そのデメリットがどこまで許容範囲なのか?メリットがデメリットをカバーできるか?が読者にとって問題です。

メリットばかり書くのではなく、しっかりとデメリットを伝えよう

売り込まない

アフィリエイトブログを始めると、収益をあげたいという気持ちが強すぎて、商品を売り込む文章になってしまいます。

しかし、普段の生活の中でみても、「セールスお断り」と言われるように、押し売りは好まれていません

物売りからコト売りという言葉があるように、商品を売ろうとせず、共感を得られるような記事を書きましょう!

商品を売り込むのではなく、それによって得られるものや問題解決などの価値を売ろう

ストーリー性をもたせる

「この商品はいいですよ皆が買ってます」といわれるのと、「私も愛用していて悩みが解消されました」と提案されるのでは後者の方が信用できると思います。

ただの商品の説明だけであればメーカーのホームページを見れば良いわけで、ブログに求めているのは何なのかを考えてみましょう。

まとめ

アフィリエイトブログには、【文章力が鍛えられる】というメリットがあります。

セールスライティングは難しいし、一概にいえない部分も多くありますが、記事を書くことで鍛えられます。

読者がいいなーっと感じるライティング技術を身につけていきましょう!

さて、ある程度記事が書けるようになってきたらブログのアクセルが伸びずに困ってきます。

キーワード選定は合っているか?ブログのテーマは大丈夫か?一度見返してみましょう。

経験値を獲得したらlv60へ進め!

-記事の書き方
-, ,